建築構造計算ソフトウェアの販売

建築構造計算ソフトウェアの販売

アルキテックではお薦めする建築構造計算ソフトウェアを正規販売代理店として取り扱っております。経済産業省のIT導入補助金のIT導入支援事業者にも採択されておりますので、本ホームページよりお申し込み頂き審査を経て採択されると、購入金額の最大半額・150万円までの補助を受けることが出来ます。是非この機会に構造設計環境の充実を図りませんか?ここにご紹介していないソフトウェアも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

●取り扱いメーカー
株式会社構造システム
株式会社アークデータ研究所
株式会社東京デンコー

IT補助金適用基本ルール

・購入価格(税抜)の合計が60万円以上となる必要があります。複数の会社のソフトの組み合わせによる購入も可能です。
・300万円迄の購入額が補助対象となり、購入額の半額が補助されます。
・既有ソフトのライセンス追加購入は補助対象となりません。新規購入の場合は複数ライセンスの購入が可能です。
・バージョンアップによる移行価格も補助金対象となります。例:BUS6からNBUS7への移行等

IT補助金対象ソフト
*セット構成はご希望に応じて自由に組み替えられます。

スクリーンショット 2021-04-29 230910

RC/SRC/S造建物の一貫構造計算システム
構造モデラー+NBUS7

「構造モデラー+NBUS7」は、構造躯体を入力する構造設計プラットフォームである「構造モデラー」と、解析・結果出力を担う一貫構造計算システム「+NBUS7」に内部構造を分離した、統合設計環境です。「構造モデラー」は、従来のXY方向に設けたグリッドでの入力のほか、グリッドの制限を全く受けない自由な軸を利用した入力もサポートします。また、入力した躯体形状から解析用の構造モデルをインテリジェントに生成できる機能を実装することで、図面作成、BIMモデルとして利用可能な躯体形状と解析モデル形状が異なる問題を解決します。「+NBUS7」は、RC造、SRC造およびS造(CFT含む)建物について許容応力度等計算・保有水平耐力計算を行い、確認申請に必要な計算書や種々の提案書・検討書等の作成を支援します。

IT補助金適用時の実質負担額


NBUS7の補助金活用特設ページ

任意形状立体フレームの弾塑性解析
SNAP Ver.8

SNAPは、任意形状の構造物に対し部材レベルの弾塑性の動的応答解析、応力解析、増分解析を行います。優れた操作性と高度な解析機能を兼ね備え、データ入力から解析結果の表示・出力まで、スピーディーに行えます。解析モデルの節点数等に制限はなく、マルチスレッドによる並列処理により高速に解析出来ます。また、豊富な自動計算機能により解析モデル作成を支援します。解析結果は、表により詳細から全容までが簡潔にまとめられ、図やグラフにより視覚的に把握できます。 部材や装置単体から超高層建物や大空間構造まで規模によらず、さらに免震制振構造やCLT建築物、伝統的木造建築物にも対応できます。

IT補助金適用時の実質負担額

snap
SNAPの補助金活用特設ページ

木造構造計算セット
HOUSE-ST1/WOOD-ST

HOUSE-ST1は、木造軸組工法の構造計算を行うソフトウェアです。計算した結果は、伏図などと共に構造計算書として出力されます。3階建てのほかに、2階建て以下、最下階RC/S造、2階、2・3階木造の立面混構造に加えて、1・2階RC/S造、3階木造の立面混構造の木造部分の構造計算が行えます。 RC造壁式構造部分は「WALL-1」や「HOUSE-WL」、RC/S造ラーメン構造部分は「BUS-6」、木造集成材等建築物として検討する場合は「WOOD-ST」とデータの連携ができます。

WOOD-STは、建築基準法施行令第46条第2項第1号によりルート2までの木造建物の構造計算を行う一貫構造計算ソフトウェアです。 製材または集成材を用いた大断面のラーメン架構や、壁とブレースが混在する建物を、形状通りモデル化し、計算を行います。 また、階の途中に中間階を設けることでスキップフロアの入力が可能なほか、平面的に傾斜したはり、壁の配置が可能なので、比較的不整形な形状も扱えます。
建物形状の入力は軸組図、3Dモデルで確認しながら伏図上で簡単に効率良く行えます。 また、荷重計算、モデル化、応力計算から断面、接合金物の検定計算、偏心率・剛性率計算までを一貫して計算でき、計算結果は図または表を用いた見やすい構造計算書として出力できます。

IT補助金適用時の実質負担額


木造構造計算セットの補助金活用特設ページ

スクリーンショット 2021-04-25 213333


任意形状木造一貫構造計算プログラム
ASTIM/立体フレーム

『ASTIM/立体フレーム』は、許容応力度計算に基づき、木造の断面算定を行う、任意形状木造一貫構造計算プログラムです。材端に接合金物を入力できるので、集成材による木造ラーメン、大空間木造建築物、高耐力壁やタイダウン金物などの特殊金物を利用した4階建て以上の中層木造建物等のあらゆる木造建築物の構造設計に対応します。
また、RC造、WRC造、S造オプションを購入することにより1階がRC・壁式や鉄骨造+上屋木造や屋根のみ木造といったような混構造建物でも当製品のみで設計することができます。
【特長】
■建物の規模に制限がない
■部材リストの追加や削除も分かり易い入力画面から行う事が可能
■複数の平面図、組織図、3Dグラフィック等の画面を同時に表示する事が可能
■リアルタイムにリンクしているので入力ミスを低減できる
■柱抜け、梁抜け、傾斜梁、スキップフロアのある建物も扱える

IT補助金適用時の実質負担額


ASTIMの補助金活用特設ページ

任意形状一貫構造計算プログラム
ASCAL

ASCALは、グリッドに制約されない軸によって形状認識する、建物の一貫構造計算を行うプログラムです。層・層-軸・軸の一貫設計プログラム入力の容易性と制限なく自由形状入力ができる汎用解析プログラムの両方の利点を兼ね備えた、今までにない一貫構造計算プログラムとなっています。荷重伝達のできるスラブ・小梁があれば、どんな任意形状であっても自動的に荷重計算を行います。さらに、ビル建物からプラント構造物や橋梁まで、あらゆる構造種別の荷重計算から応力計算、保有耐力計算、計算書作成までを一貫して行います。ASCAL の一貫計算が、建物構造を自由自在にイメージすることを支援いたします。

IT補助金適用時の実質負担額


ASCALの補助金活用特設ページ

スクリーンショット 2021-04-29 183444
スクリーンショット 2021-04-28 145501

中層ツーバイフォーに対応する唯一無二のプログラム
最大地上7階地下1階の混構造 一貫構造計算システム

2015年6月1日建築基準法が改訂され、木造関連の基準が緩和されました。
3,000㎡を超える建築物や混構造の建築物の設計においても、鉄筋コンクリート3階+木造4階建てまでの建築物であれば、剛性率の割増を考慮しなくてもよいこととなり容易に設計ができるようになりました。そこで、この度混構造を一貫にて計算できる「2×4壁式3」を発売することと致しました。 今後、コンパクトシティ構想による過疎地域の行政サービスの集約化等により、木造建築物の建築に対しては国や自治体に大きな補助金が交付される事例が増えてきております。2x4(枠組壁構法)は、耐震、耐火に優れ、建築に際して在来工法に比べて省人化が図れるため、今後の建築業界における人手不足解消の大きな支えとなると期待されています。 2025年問題で団塊の世代が後期高齢者となり、現在待機人数52万人となっており福祉関連施設の需要も急増しております。基準法改正で、建築面積の1/3の地下部分の容積率不算入等、特養ホームでも混構造が可能となりました。

IT補助金適用時の実質負担額

2×4壁式3の補助金活用特設ページ

特別キャンペーン Rhino7付属セットのご案内
Rhino+Grasshopperは、画期的な建築デザインツールとして世界中に広がっています。構造デザインの世界においても、Rhinoのプラグインソフトである「Karamba3D」等を利用して建築家との初期スタディを実施することが当たり前になってきています。弊社では最新版のRhino7をIT導入補助金の対象ツールとして、構造計算ソフトとセットでご提供いたします。Rhino7ではRhino.Inside.Revitを利用してAutodesk Revitとのシームレスな連動も出来るようになりました。是非この機会に次世代の構造設計環境の構築を進めませんか。

Rhino7付属セットの導入価格
Rhino 7 商用版 定価144,000円(税別)→72,000円税別)(補助金適用後の負担額)

IT導入補助金活用無料webセミナーのご案内
下記の日程で、zoomによる無料webセミナーを実施いたします。
導入をご検討の方は是非ご参加ください。

・セミナー開催日時(各回定員5名)
6月10日(木)16:00~16:30
6月17日(木)16:00~16:30
6月23日(水)16:00~16:30
6月29日(火)16:00~16:30

セミナー申し込みページ

●製品のセット構成について●

セット構成は自由に組み合わせ可能です。ご希望に応じたセット構成をご提案しお見積りを発行いたしますので、お気軽にお申し付け下さい。

●お問い合わせ●

アルキテック株式会社
ソフトウェア事業部
TEL:03-6300-9860
mail:info@arkhitek.co.jp

検索

PAGE TOP