特別賞を受賞しました_第24回木材活用コンクール

弊社にて事業協力をしております「アジア産地直送住宅」(アジア産直住宅事業共同事業体/ADHOC)が、
日本木材青壮年団体連合会主催の第24回木材活用コンクールにおいて
特別賞(未来の山創り賞)を受賞しました。
コンクールの詳細はこちらを御覧ください。

アジア産地直送住宅概要

木材活用コンクール_プレゼンボード210108 2

専用HPはこちら
1.目的
本事業では、日本国内の森林資源の新たな活用法を構築することを目的として、アジア各国への木造住宅建築システムの産地直送輸出事業を展開する。
アジア各国の貧困地域においては、未だ十分な住環境が整備されていない地域も多く、衛生環境の悪化により病を患い、命を落とす人も少なくない。
また、近年欧米諸国を中心に低炭素社会の実現に向けて、住宅のゼロエネルギー化ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が進められており、主に「寒冷地域」を対象とした省エネ対策や創エネ対策に係る市場が急速に立ち上がりつつある。一方で人口増加やマクロ経済の成長の影響により最終エネルギー消費量の増加傾向が顕著な、東南アジア、南アジアを中心とする亜熱帯地域向けのZEH技術の開発の重要性も増してきている。
本事業は、日本国内の豊富な森林資源と優れた建築技術を活用して、アジア各国の住環境の整備と建築産業の低炭素化の推進を国際的な共同事業体によって行うものである。

2.事業主体、アカデミックパートナー
アジア産直住宅事業共同事業体
ADHOC(アドホック):Asian Direct Housing Operating Consortium
代表:村上心(椙山女学園大学教授)
構成:株式会社 オーティーエスジャパン(総代理店、輸出入事業)
株式会社 青木茂建築工房(建築設計監修)
アルキテック 株式会社(エンジニアリングデザイン)
Sripatum University(建築計画)
LUCKY building System Co., Ltd(タイ国内販売・施工代理店)
Me Home(タイ国内販売・施工代理店)

・アカデミックパートナー
Chulalongkorn大学教授 Prof. Terdsak Tachakitkachorn
椙山女学園大学助教 川口香子
椙山女学園大学講師 清水秀丸
大阪市立大学准教授 石山央樹
早稲田大学教授 高口洋人
早稲田大学客員准教授 脇田健裕
Sripatum大学教授 Prof. Nattawut Usavagovitwong、
Sripatum大学教授 Prof. Teeraboon Pisanapipong
Sripatum大学教授 Prof. Kritsada Arnphothong

・建築家住宅PJ協力建築家
専用HP
南泰裕(アトリエアンプレックス、国士舘大学教授)
伊藤恭行(シーラカンス名古屋/名古屋市立大学教授)
村上心(椙山女学園大学教授)
門脇耕三(アソシエイツ、明治大学准教授)
入江徹准教授(琉球大学准教授)
米澤隆(米澤隆建築設計事務所、大同大学講師)

・協力団体、企業
奈良県御杖村
日鉄日新製鋼建材 株式会社
AGC株式会社
太陽エコブロックス 株式会社
株式会社LIXIL、TOSTEM THAI Co., Ltd.
American Standard Co., Ltd.
カネカケンテック 株式会社
株式会社 江口巌商店
兼松サステック 株式会社
ターミメッシュジャパン 株式会社
株式会社太平洋設計事務所
株式会社 サンゲツ
Goodrich Global Pte Ltd
積水成型工業 株式会社
株式会社 INTER TECH
株式会社 アイラム
株式会社 エコファクトリー
株式会社ノーリツイス
株式会社フジライト
アルプススチール株式会社
カリモク家具株式会社
リアル・スタイル株式会社

 

PAGE TOP